【新パーツ】ブラウンハンドブレンダーで大根おろし!使い方とレビュー

スポンサーリンク
育児

こんにちは、つちまろです。

さんま、みぞれ煮、おろしそば。和風ハンバーグ。

まろやかさの中にピリッとした風味を効かせる大根おろしは、お料理になくてはならない存在です。なのに「すりおろす」って、めちゃくちゃ体力が必要ですよね。腕力がないときつい。

先日、離乳食作りのために、ブラウンのハンドブレンダーを購入しました。このとき、離乳食だけでなく大根おろしができるモデルを選びました(夫の要望)。購入したのは「マルチクイック7」シリーズのMQ7035XG。「すりおろし」ができる「MCチョッパー」が追加されているモデルです。

この記事では「マルチクイック7」シリーズのMQ7035XGを使って大根おろしを作ってみたので、使い方と感想を紹介します。

>> ブラウン公式サイト製品情報MQ7035XG

ブラウンハンドブレンダーで大根おろしに使うアタッチメント

大根おろしで使ったのは、ボウル、おろしディスク、中ふた(透明)、ふた(黒)、本体です。
写真でいうと黄色チェックが入ったものです。

どうやら大根おろしのパーツ(おろしディスクと中ぶた)の別売はないようです。このパーツは「MCチョッパー」というのですが、機能別にいくつかのモデルがあります。

>> 楽天市場で大根おろし対応モデルを探す

ブラウンハンドブレンダーで大根おろしを作る手順

1.ボウルにおろしディスクをセットします。本体の中心軸に、おろしディスクの穴に通流よう少し押し込む感じです。

2.大根を2cm角にカットします。

3.大根をボウルに入れます。

4.中ぶたをセットします。

5.ふたをセットします。

6.本体をセットします。電源ON!ガガガガ(驚き)

20秒くらいで完成(音がしなくなる)です。

完成です。

大根おろしを添えていただきます。今日は炙り〆鯖だよ〜

(おまけ)生姜もハンドブレンダーですりおろしできます。

ブラウンハンドブレンダーの新パーツで作った大根おろしの感想

味について

一言で言うなら、「ふわっふわ」。

手でヒィヒィ言いながらすりおろしていたのは、一体何だったんだ、、、というくらい美味しい。きめ細やかな大根おろしができました。

おろしディスクがあれば、大根おろしの他にも、りんごや生姜、にんにく、にんじんなどのすりおろしもできます。りんごは離乳食にも大活躍です。

使いやすさについて

「マルチクイック7は」握る強さで、スピードの強弱をつけられる優れものです。握る力を弱めればゆっくりとシャフトが回るので、自分好みに仕上がりを調整できるのがGOODです。

大根のような硬いものをすりおろすのは、音にびっくりします。普段は離乳食作りで柔らかいものをブレンダーで混ぜることしかしていなかったので、大根を削ったときはびっくりしました。ブレンダー使用時はそこまで音は気にならないのですが・・・。

洗い物について

準備や洗い物がめんどくさいって思いますよね。パーツはくぼみが少ないので、簡単にお手入れできますよ。でも一応は水でさっと洗わないとな〜って感じです。蓋の裏側には少しですが大根のしぶきがついていました。

おわりに

いかがでしたか?ブラウンのハンドブレンダーのすりおろしがこんなに便利で、美味しい仕上がりになることを知ると、手動にはもう戻れなくなりますね。

簡単に色んな料理が楽になって、楽しくなりそうです。

>> 楽天市場でMQ7035XGモデルを探す

おまけ 大根おろしが可能なモデルはどれ?

大根おろしができるMCチョッパーが付属しているモデルは4つ、 MQ7030XG、MQ7035XG、MQ7080、MQ7085XGの4モデルです。最新のマルチクイック9シリーズでは、大根おろしのアタッチメント・MCチョッパーが付属しているモデルはありません。

MQ7000XG・・・ブレンダー

MQ7005XG・・・ブレンダー、泡立て器

MQ7030XG・・・ブレンダー、MCチョッパー

MQ7035XG・・・ブレンダー、MCチョッパー、泡立て器

MQ7080XG・・・ブレンダー、MCチョッパー、フードプロセッサー

MQ7085XG・・・ブレンダー、MCチョッパー、泡立て器、フードプロセッサー

>> 楽天市場で大根おろし対応モデルを探す

大根おろしの機能がついていて、泡立て器が不要な方はこちのMQ7030XGが一番リーズナブルのようです。(大根おろしだけのアタッチメントは別売していなさそう。)

こねる機能が付いているものもあるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました